So-net無料ブログ作成

ルツ記 1章1~7節 [旧約聖書 ルツ記 ]

<士師が世を治めていたころ、飢饉が国を襲ったので、ある人が妻と二人の息子を連れて、ユダのベツレヘムからモアブの野に移り住んだ。(1節)>

「ルツ記」の成立については、「ルツ記」は元々「士師記」の一部であったとされ、用いられている言語からも、「士師記」と類似していると言われている。また、一方、その内容から「ルツ記」は、ペルシャの支配下(紀元前539年)の時代に成立したという説もある。

「ルツ記」は非ユダヤ人との婚姻に好意的であるが、祭司エズラがユダヤ人の純粋性を回復しようと、非ユダヤ人との婚姻を解消させるための政策を取った事への反論だとする説がある。

「ルツは、異邦人でもあるモアブ出身の女性、夫ボアズはというと、名君と言われたイスラエル第二代目の王で、ダビデ王朝の開祖となったダビデ王の曾祖父にあたる人物です。通常ならば、起こるはずのない結婚が成立したのですから、実に不思議な話です。」と6月の家庭礼拝歴担当、北海道中会無任所教師、三輪恭嗣牧師は書き出される。

そして「どうしてこのような出会いが起こったのか、その不思議な話を記したのが、他ならないルツ記なのです。

事の起こりは、飢饉が国を襲ったからでした。エリメレクは妻のナオミと二人の息子マフロンとキルヨンを伴って、ユダのベツレヘムから、死海の東岸に位置するモアブの地に移り住みました。彼らにとってそれは辛い決断だったかと思われますが、食べ物がなくては、どうしようもありません。」と続けられる。

「夫エリメレクは、ナオミと二人の息子を残して死んだ。息子たちはその後、モアブの女を妻とした。一人はオルバ、もう一人はルツといった。十年ほどそこに暮らしたが、マフロンとキルヨンの二人も死に、ナオミは夫と二人の息子に先立たれ、一人残された。(4.5節)」

ナオミは、ベツレヘムの飢饉が去ったということを聞き、住み慣れたモアブの野を去って、国に帰ることにした。2人の嫁も同行した。

故郷を離れ、夫を亡くし子供まで失ってしまう。このような悲劇はナオミだけの特別なことではなかっただろう。ナオミにはまだ故郷に戻る体力や、やり直そうという気力が残っていたのだろう。

帰郷の決意。「でもこの決断が、思いがけない未来へとつながって行くのです。偶然と思われる出来事の中に、既に、神の隠された御手が働き始めたのです。」と三輪牧師は結ばれる。

日曜日はお近くの教会で礼拝を http://komatsu.church/index2.htmlどなたでもどうぞお越しください。お待ちしています。


共通テーマ: