So-net無料ブログ作成
検索選択

ルツ記 3章1~4節 [旧約聖書 ルツ記 ]

<わたしの娘よ、わたしはあなたが幸せになる落ち着き先を探してきました。あなたが一緒に働いてきた女たちの雇い主ボアズはわたしたちの親戚です。あの人は今晩、麦打ち場で大麦をふるい分けるそうです。(1.2節)>

N牧師は「ボアズがルツに目を留めた一連の行為には、主イエスが私たちに目を留めておられる姿が表れています。主イエスはご自分を主として決心した者を必ず見捨てることなく、御恵みをもって報いてくださるのです。まず、主イエスが私たちの近親者となって下さるのです。そして、近づいて声をかけて下さるのです。」とルツ記を説かれた。

最初に声をかけたのはボアズであった。私たちの方から先に神を愛したのではなく、神が私たちを愛して下さり、御子を罪の供え物とされた。ルツは異邦人であったのと同じように、私たちも異邦人であった。極東の島に住む私たちにも、やさしく声がかけられている。

と言われてN牧師は、ボアズはルツが落ち穂拾いに、わざと穂が落ちるように手配しているがこれこそ神の恵みの業だと言われた。我々は、自分の一生懸命に主が祝福を与えて下さると勘違いするがそれは大間違いで、我々が主に仕えることができるように、主はあえて良きものを予め備えて下さっているのだと。

そして「どうか、罠に陥らないでください。自分が行った事、行わなかったことでくよくよしないで下さい。それらを自分の行為によるものだとしないことです。自分が蒔いたものは刈り取りますが、私たちの思いに先立って神はご自分の真実を私たちに示されるのです。私たちの意に関わらずです。その神の祝福を『恵み』と呼びます。」と語られた。

大麦の刈り入れの次は小麦の刈り入れ、大麦の初穂は過越の祭りの3日目に、それから50日後の五旬節に、小麦の初穂を主に捧げる。彼女たちは、2ヶ月間ほどボアズの畑で落ち穂拾いをした。

ボアズが大麦をふるい分ける日、ナオミはルツに「わたしの娘よ、わたしはあなたが幸せになる落ち着き先を探してきました。…」と言った。ナオミはかつて夫を亡くした2人の嫁に「どうか、主がそれぞれに新しい嫁ぎ先を与え、あなたたちが安らぎを得られますように(1:9節)」と言っている。

夫を得ることが「安息を得るところ、守られて、養われ、愛されるところ、幸せになる落ち着き先。」だとナオミは言った。電気もなく石油もない、ずっとずっと昔の生活、男も女も子供も年寄りも誰も独居生活なんて出来ない時代であるから、その言葉は仕方がない。

ルツは彼女の身を真剣に考えてくれるナオミに深い愛を感じ、黙って耳を傾けた。異邦人モアブの女性をボアズが結婚相手と考えるのは、余程の事がないと考えられないことであった。ルツもまたナオミと生きる道を選んだ以上、結婚を考えていなかったかもしれない。

「体を洗って香油を塗り、肩掛けを羽織って麦打ち場に下っていきなさい。ただあの人が食事を済ませ、飲み終わるまで気づかれないようにしなさい。」とナオミは命じる。

日曜日はお近くの教会で礼拝を http://komatsu.church/index2.htmlどなたでもどうぞお越しください。お待ちしています。