So-net無料ブログ作成

テモテへの第一の手紙 1章1~7節 [新約聖書 テモテへの第一の手紙 ]

<わたしたちの救い主なる神と、わたしたちの希望であるキリスト・イエスによって任命され、キリスト・イエスの使徒となったパウロから、信仰によるまことの子テモテへ。父である神とわたしたちの主キリスト・イエスからの恵み、憐れみ、そして、平和があるように。(1.2節)>

「使徒パウロは第二伝道旅行の時、ルステラの教会でテモテに出会いました。祖母から母へと受け継がれた信仰を受け継ぎ、教会で評判の良い若者でした。このテモテをパウロは伝道旅行の同伴者として仲間に加えることにしました。」と8月家庭礼拝担当、熊野伝道所・宇久井伝道所を兼牧される名嘉早苗牧師は書き出される。

この手紙は、パウロが書いたものではなく、むしろ、この手紙にある教会の組織構造や教えから、パウロの死後、一世代もしくは二世代を経てから書かれたと思われる。弟子が師の名で書き、師を称えるのは、古代世界では普通の事であった。と解説書にあった。

「テモテをそちらに遣わしたのは、このことのためです。彼は私の愛する子で、主において忠実な者であり、至る所のすべての教会で私が教えている通りに、キリスト・イエスに結ばれた私の生き方を、あなたがたに思い起こさせることでしょう。(コリント書Ⅰ4章)」

ユダヤ人キリスト者の母と、異邦人の父を持つテモテは、まだ20代であったがその信仰は堅く、パウロの同労者として最後までパウロの宣べ伝えた福音に忠実であった。彼はパウロの殉教の時まで、パウロに寄り添い、慰めをもたらす同労者であった。

「このようなテモテに、パウロは重要な任務を与えます。それはエフェソ地域の教会を指導し、様々な誤った教えから教会を守ること、教会の奉仕の務めを確立し、教会の秩序を整え、教会を堅固にすることです。」と、名嘉牧師は説かれる。

初代教会は1世紀を過ぎるころから変化してきた。教会の指導者たちはローマ帝国によって投獄されるか、あるいは処罰される危険が出て来た。教会内には、十字架上での主イエスの死と復活の福音という初めの教えにそぐわない教えが持ち込まれてきた。神を信じていると主張する人々の中にはすでに悪魔に陥れられている者もいた。

人権や自由などの考え方がなく、権力者の独裁によって全て治められていた時代、どんなに名君と呼ばれる善意の権力者であっても、彼の意に背くものは弾圧され、追放され、死の裁きを受ける。それでもなお「福音」を宣べ伝えていった人々の信仰に感嘆する。

先日のC牧師の講演で「福音を恥としていませんか」と問いかけられ、周りの者から十字架の死と復活を「荒唐無稽、一神教の怖さだ」と一笑されて、いい加減に誤魔化してしまう自分に気づかされた。

自由や人権が憲法において保証されている今の時代でもそうである。自分の死と引き換えにしてでも福音を宣べ伝える力ある信仰が、自分に与えられる日が来るのだろうか。

日曜日はお近くの教会でhttp://komatsu.church/index2.html礼拝を、どなたでもどうぞ、お待ちしています。


共通テーマ: