So-net無料ブログ作成

テモテへの第一の手紙 3章8~13節 [新約聖書 テモテへの第一の手紙 ]

<きよい良心をもって、信仰の奥義を保っていなければならない。(9節)>

「執事職も厳しい審査が指示されています。執事の務めは、教会からの委託のもとに貧しい人々の援助や、病人の世話などの奉仕をする務めであります。神の恵みによる救いをしっかり心に抱き、信仰から出る真実の愛においてその務めが果たされなければなりません。」と渡部牧師は書き出される。

執事の起源は、使徒言行録6章に記される。使徒たちはヘブライ語を使う人々とギリシャ語を使う人々の間で、日々の食事の配給に苦情が出た時に、このことに専任して奉仕する人が必要となった。使徒たちに求められる務めは、主として祈りと御言葉の奉仕であった。

しかし、人々の肉体の必要に仕える働きも大切だと考え、これに使徒たちがあたると祈りと御言葉の務めが疎かになってしまうとして、両方を疎かにしないため、物質面の必要に専心する執事が7人選ばれた。その際に、信仰と聖霊に満たされ、その生活においても信頼されている人たちが選ばれた。

「この人々もまず審査を受けるべきです。その上で非難される点がなければ、奉仕者の務めに就かせなさい。(10節)」と、おもに7つの点が上げられる。

「品位のある人」人との関係において自制心があり、怒らず、思いやりをもって冷静に人との会話ができる人。「二枚舌を使わない人」相手によっていう内容を変えて都合よくふるまう人であってはならない。会員同士の調和に仕える時、二枚舌はどちらからも信頼が得られない。

「大酒を飲まない人」「恥ずべき利益をむさぼらない人」は、いうまでもない。「きよい良心の中に秘められた真理を持っている人」執事は一般のボランティア活動ではない。キリストの恵みによる信仰に応えて、キリストの愛によって奉仕する人である。

「人を中傷せず、節制し、あらゆる点で忠実な人」婦人たちにも同じように言われているが、この婦人は執事のことか、執事の妻のことなのかはわからない。噂話を流さないようにと言うことなのか、それなら、男性についてもいえることだと思うけれど…。

「一人の妻の夫で、自分の家族をよく治める人」夫婦関係や親子関係が良好であること。自分の家庭をよく治めない者には、教会の霊の家族を治めることができないとされた。

私たちの教会で長老・執事選挙の時、この7つの条件を吟味しない。選挙で選ばれても、家の事情や、自分の体力・知力、仕事等々の理由で辞退する人がいるのだから。

K牧師は「これらの条件をすべて備えている人はいるでしょうか。完全な人は誰もいません。しかし、それでもなお奉仕者の資格が記されているのは、そこに向かうことが主にあって求められているからです。ですから、奉仕者は祈って、たえず上からの恵みと知恵を求める人なのです。」と話された。

日曜日はお近くの教会でhttp://komatsu.church/index2.html礼拝を、どなたでもどうぞ、お待ちしています。


共通テーマ: