So-net無料ブログ作成
検索選択

ルツ記 2章10~13節 [旧約聖書 ルツ記 ]

<「イスラエルの神、主がその御翼のもとに逃れてきたあなたに十分報いてくださるように。」(12節)>

ボアズの言葉に、ルツは顔を地につけ、ひれ伏した。そして、異邦人である自分をどうしてこのように親切にして頂けるのかと尋ねた。ボアズは彼女が姑ナオミに尽くし、両親と故郷を捨てて、見知らぬ国に来たことなど「何もかも伝え聞いている」と答えた。

「ナオミとボアズは親戚関係で、しかも彼は町の有力者でした。帰国したばかりで、しかも働き手を失っているのですから、ナオミは最初から彼を頼ってもよかったのです。でも彼女はそうしなかったのです。そうすれば、対等な人間関係が崩れ、上下関係が生まれることをナオミは知っていました。」と三輪牧師は書き出される。

ルツは、自分がボアズの雇人でもないのに、彼に話しかけられ、彼女のしたことを彼がすべて知っていたので驚いた。そして彼が「イスラエルの神、主がその御翼のもとに逃れてきたあなたに十分報いてくださるように。」と、彼女を主の御名によって祝福したことにも驚いた。

今の、ルツとナオミにとって最も必要なのは確かな守り、確たる屋根の下であった。ボアズは彼女たちの事を見抜き、主がその御翼のもとに逃れてきたあなたに十分報いてくださると告げた。ルツは平安な生活を犠牲にしてベツレヘムに来たが、ボアズを通してそれを補うに余りある平安が与えられた。

「私たちは何かを犠牲にするとそれを失うと思いがちです。主に自分を献げることは、すべてを失うと思ってしまいます。けれども、主は永遠の命という報いだけでなく、この地上においても失われたものを補って報いて下さいます。」と解説書は説く。

ボアズが口にしたルツへの言動は、ボアズ自身が主なる神の働きによってルツの行動に心動かされ、彼の中に主ご自身の守りと養いが与えられた結果であった。彼の言動に表れているのは、まさに主ご自身であった。

「神は御心のままに、あなたがたの内に働いて志を立てさせ、事を行わせて下さるのです。」とパウロもフィリピ書2章で語っている。

ボアズの言葉にルツは「わたしの主よ、どうぞこれからも厚意を示して下さいますように。あなたのはしための一人にも及ばぬこのわたしですのに、心に触れる言葉をかけていただいて、本当に慰められました。」と卑屈になることなく素直に感謝した。

「困窮する時、人を頼らず、まず御翼のもとに逃れ、今、自分にできる最善のことに力を尽くす。これこそ新しい道を切り開く最良の方法であることを、ここから学びたいと思います。」と三輪牧師は結ばれる。

日曜日はお近くの教会で礼拝を http://komatsu.church/index2.htmlどなたでもどうぞお越しください。お待ちしています。


共通テーマ: