So-net無料ブログ作成
検索選択

ルツ記 4章11~12節 [旧約聖書 ルツ記 ]

<「どうか、主がこの若い婦人によってあなたに子宝をお与えになり、タマルがユダのために産んだベレツの家のように、ご家庭が恵まれるように。」(12節)>

ボアズは、町の人々の前でルツを自分の妻としたことを宣言した。彼は「モアブの女」ルツがどこの出身かをはっきりと告げた。町の人々はそのことの「証人」となると言って祝福した。彼女はイスラエルの家の中に入れられた。

「モアブの女」と聞いて、親戚の人は「自分には出来かねる」と買い戻しの権利をボアズに譲った。彼の弱腰を非難してはならない。異教の神々を拝する人を自分の側に置くのは容易ではない。ボアズと違ってルツを知らない彼が、それは拒むのは肯けることだ。

ボアズの宣言を解説書は「ただ、キリスト・イエスの贖いの業を通して、神の恵みにより無償で義とされるのです。(ローマ書3章)」と、異教の神々を礼拝していたモアブの女ルツは、イスラエルの律法には「罪びと」であったが、主は義と認められたのだと説いている。

また「しかし、不信心な者を義とされる方を信じる人は、働きがなくても、その信仰を義と認められる。(ローマ書4章)」と、ルツには罪がないと無罪宣告が与えられた。彼女の過去は帳消しとなり、イスラエルの民として歩む道が与えられたのだと説く。

人々は、ルツがヤコブの二人の妻ラケルとレアのようにされますようにと祝福した。ヤコブは後にその名をイスラエルと改めた。彼女たちによって12人の息子が与えられ、そしてイスラエル12部族の祖となった。マタイ書1章のダビデから主イエスに至る系図に、ルツとタマルの名が記されている。

ヤコブの子ユダの妻タマルは、ルツの境遇と似ている。ユダが異邦人カナンのところにいた時、夫に死に別れたタマルとユダの間に生まれた子供がベレツとゼラの双子であった。

「ユダ族の始祖ユダ自身が、異邦人との婚姻によって家系をつないでいたのです。何もボアズが初めてではないのです。ユダの場合は、あまりいい話ではありませんが、義父と嫁との間で双子がうまれました。

しかし、これすらも神は用いてユダ族を繫栄させて下さったのです。ならば、ボアズとルツを祝福して下さらないはずがありません。ボアズは人々の言葉を聞いて、一層神の祝福を確信したに違いありません。」と三輪牧師は結ばれる。

外国の人と家族を持つと様々な戸惑いがある。結婚にあたって「お祝い」が贈られた。日本人の彼が「お祝い返し」を考えているのをみて彼女が「それはおかしいでしょ」と言った。そう言われればそうだが、習慣だし…ともめた。結婚してからもいろいろあった。

そういうことを「面白い」と思う時と「ややこしい」と投げ出したくなる時がある。

日曜日はお近くの教会で礼拝を http://komatsu.church/index2.htmlどなたでもどうぞお越しください。お待ちしています。


共通テーマ: