So-net無料ブログ作成

マタイによる福音書 5章33~37節 [新約聖書 マタイによる福音書]

<「しかし、わたしは言っておく。一切誓いを立ててはならない。」 (34節)>

「主イエスの時代、誓いはごくありふれた日常の行為であり、今日よりも頻繁に行われておりました。しかも、誓いとは神の前で行う神聖な行為であるはずが、神の名、天に、地に、エルサレムに、頭に…誓うなどと自分を正当化するために乱用していたのです。」と渡辺牧師は書き出される。

主イエスは「一切誓いを立ててはならない」と戒められる。けれど、社会には誓わねばならないことが数多くある。「スポーツ精神に則り…」と宣誓したり、裁判の証言台での宣誓、入学、入社での契約書の署名、教会さえ洗礼式、牧師就職式、長老任職式、結婚式の誓約など、誓わないでいるのは難しい。

「広辞苑」での「誓う」の意味は「人が神仏や他人、自分自身に対してあることを守ると約束するもの」となっている。しかし、聖書は「偽りの誓いを立てるな。主に対して誓った事は、必ず果たせ」と命じている。

「人が主に誓願を立てるか、物断ちの誓いをするならば、その言葉を破ってはならない。全て口にしたとおり、実行しなければならない。(民数記30章)」

「あなたの神、主に誓願を立てる場合は、遅らせることなく、それを果たしなさい。あなたの神、主は必ずそれをあなたに求め、あなたの罪とされるからである。誓願を中止した場合は、罪を負わない。唇に出したことはそれを守り、口で約束した誓願は、あなたの神に、主に誓願した通りに実行しなさい。(申命記23章)」

視覚障碍者のHさんが「とうとう、明かりも感じられなくなり、昼と夜の区別もつかなくなった」と言った時、二つある自分の両目の一つだけでも彼女にあげたいと心から思った。けれど、その夜眠る前のお祈りでどうしてもそのことが言えなかった。神がその祈りを聞き入れられ、自分の片目がなくなることが怖かったからである。

神に祈り、誓うことは軽々しくできない。ユダヤ人たちもそのことを知っていた。そこで彼らは、神の名を使わない回避的誓願、神の名ではなく、天や地、エルサレム、自分の頭を指して誓うことを考えつき、その事を実行した。

「髪の毛一本すら、あなたは白くも黒くも出来ないからである。」と主イエスは、その人が自分の非力を顧みず、自分以上の権威を借りてできないことまで誓うのは悪しき事であると主イエスは言われる。

自分ができること、見通しが立つこと、責任が取れることだけに「然り、然り」と言えるのであり、それ以外の事は「否、否」と答えるしかない。それ以上のことを断言するのは、傲慢であり、人の心の悪から出ると主イエスは戒められる。

自分はこれまでどれだけ言葉で失敗したかを思い返すと、苦い思いしかない。

日曜日はお近くの教会でhttp://komatsu.church/index2.html礼拝を、どなたでもどうぞ、お待ちしています。


共通テーマ: