So-net無料ブログ作成
検索選択

テモテへの第一の手紙 1章8~11節 [新約聖書 テモテへの第一の手紙 ]

<今、述べたことは、祝福に満ちた神の栄光の福音に一致しており、わたしはその福音を委ねられています。(11節)>

「エフェソの教会には、律法の教師を名乗って活動している人々がいました。彼らは、清い心と正しい良心と偽りのない信仰から出てくる愛を中心とした、信徒の交わりこそが福音にふさわしいものであることを、理解していませんでした。」と名嘉牧師は書き出される。

解説書は「律法は、神の意志にかなって用いられるなら、本当に良いものである。しかし、それが正しくない用い方をすると、それは人を縛りかつ神の御心に適うことはできない。「良いもの」と訳されたギリシャ語は「目的に適って美しい」という意味を持つ。モーセの十戒は、旧約時代の「幸福論」とも言われている。」と説いている。

エフェソの町の偽教師たちは、律法の教師としての名声を望み、その目的を理解しようとはしなかった。律法そのものは、人を救うことも、生まれ変わらせることもできないのに、彼らは人々に、律法を守ることによって、人は救われ変えられると教えていた。

それは間違いで、律法は何が正しく、何が間違っているのかを判断し、それによって人が救われ、矯正される方向を示すものとして用いられる時に、良いものとなる。律法は正しい者たちのために与えられているのではなく、むしろ正しくない者たちのためにある。

律法学者が主イエスに「あらゆる掟のうちで、どれが第一でしょうか。」と尋ねた。主イエスはお答えになった。「第一の掟はこれである。『イスラエルよ、聞け、わたしたちの神である主は、唯一の主である。心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい』…(マルコ書12章)」

律法を守るのは、義務感や、罰を恐れるからではない。キリストの愛である福音は、聖く、義であり、正しく裁かれる神がどのようにして恵みの神、憐れみの神、愛の神であるかを示している。自分の力では出来ないことが、主の十字架の犠牲を覚え続けることによってはじめて可能になる。

偽教師たちは、律法を教えながらその生活では、それを否定するような生活をしていると、彼らの罪のリストが上げられる。このリストはモーセの十戒に照らして展開される。十戒の前半は神との関係に関することであり、後半は人との関係に関することである。その順序に沿って、神との関係における罪、人との関係における罪が指摘される。

私たちの教会では今年十戒を学んでいる。そこで、戦時中、すべての教会教派が一つにさせられ、組織された日本キリスト教団が、礼拝の初めに宮城遥拝を行った事、韓国の人たちに神社参拝を強要したことを改めて知る。日本キリスト教会の犯した罪であると同時に、各個教会の、さらに言えば教会員一人一人が犯した罪である。

キリスト教徒として、罪を犯すと、それは神の律法を破ることだけではなく、愛の神の心を破り、悲しませることであることを常に心に止めなければならない。

日曜日はお近くの教会でhttp://komatsu.church/index2.html礼拝を、どなたでもどうぞ、お待ちしています。


共通テーマ: