So-net無料ブログ作成

テモテへの第一の手紙 3章14~16節 [新約聖書 テモテへの第一の手紙 ]

<神の家というのは、生ける神の教会のことであって、それは真理の柱、真理の基礎なのである。(15節)>

「神の家、生ける神の教会における生活を示すにあたって、教会の本質が示されています。教会は、真理の柱、真理の基礎です。教会において、神は、キリスト・イエスにおける唯一の救いを現わし、唯一の真理を世に据えておられるのです。」と渡部牧師は書き出される。

パウロがこの手紙を記したのは、神の家である教会において、テモテと信者がどのように行動すべきかを知らせるためであった。彼はすぐにでも彼らのいるエフェソに行きたいと思っていたが叶わないので、どうしても伝えたいことを祈りつつ記してゆく。

パウロにとってテモテは愛弟子であると共に、同労者であった。また、エフェソの信徒たちが異教や異端から守られ、健全に成熟することを願った。そして、エフェソの教会が、この地方の宣教の中心になることを願わずにはおれなかった。

「神の家でどのように生活すべきか…(15節)」教会は神の家族であり、神を父と仰ぐキリスト者全体の家族である。だから、教会に初めて来た人は戸惑うかもしれないが、信者たちは互いに、主にある霊的な兄弟姉妹としての交わりを持つ。

教会は建物ではなく、神によって招かれ、キリストを信じている全ての人の集まりである。「生ける神の教会」とは、動かない偶像の神々との対比として記されていることと、主イエスを頭とする教会はたえず、救いを与え、命を与える生きた神ご自身であることを示す。

遺跡として有名なエフェソには、異教のアルミテミス神殿がある。自らを神とするローマ皇帝の権力と豊富な財力を示し、石でできた柱や土台、神殿や競技場などの遺跡は、その流れの中で生きなければならなかったキリスト者たちの困難を想像する。

しかし、そのような歪んだ繁栄のなかにこそ「信心の秘められた真理は確かに偉大です。(16節)」とキリストこそ、信心深く敬虔に生きるための秘訣であるとパウロはテモテを励ます。

解説書は「私たちは自分の力では、そのように生きることは困難です。キリストに頼らなければ、主なる神を喜ばせる歩みはできません。主イエスの復活によって救われていても、一人一人は罪あるものであり、教会は罪びとの集まりとも言えます。

マルチン・ルターは、『赦された罪びと』と表現しています。教会の真理は、キリストの真理であり、教会の聖さはキリストの聖さなのです。このお方により頼み続けてこそ、真理の証人とされます。」と説いている。

教会は異端や異教、信仰的脱線から戦い続けなければならない。そのためにも、一人一人が自分の内に持つ「ご利益信仰」から抜け出さなければならない。

日曜日はお近くの教会でhttp://komatsu.church/index2.html礼拝を、どなたでもどうぞ、お待ちしています。


共通テーマ: