So-net無料ブログ作成

コヘレトの言葉 1章1~2節 [旧約聖書 コヘレトの言葉 ]

<コヘレトは言う。なんという空しさ、なんという空しさ、すべては空しい。(2節)>

「『すべては空しい』。コヘレトの言葉を読んで一番印象に残る言葉はこれではないでしょうか。コヘレトは太陽の下にあるあらゆることを試し、いつまでも残るもの、変わらないものはないか、尋ね求めます。けれど、いくら尋ね求めてもすべては過ぎ去るものでしかありませんでした。」と9月の家庭礼拝歴担当、大阪姫松教会藤田英夫牧師は書き出される。

ネットを見ると「コヘレトの言葉は、聖書の中でも不思議な書である。これが書かれたのは紀元前200年前後とされている。これよりやや時代が下るシラ書の作者も、知恵の書の作者もこの書を知っている。しかし正典に入れられたのは、紀元96年である。作者はエルサレムに住む富裕で身分は高いものの、家族のいない孤独な老人であったとされている。

「コヘレト」というのは「神殿で語る者」を意味する女性名詞である。しかし、男性とされているのは「エルサレムの子、ダビデの子…」という書き出しから推察されている。この書はソロモン王の作であると伝えられてきたが、この説に疑義を呈したのはルターが最初とされている。」と記されている。

私たちの教会では説教にあまり登場しないので、この書にはなじみがない。始まりの言葉から、平家物語の「諸行無常の響きあり…」を連想してしまうがそれとはどこが違うのだろうか。

Wikipediaには、この書は、知恵文学に属しており、コヘレトを介して、宗教、民族を超えた普遍的な疑問(人生の空しさ、諸行無常、「国破れて山河在り」といった無常観)の哲学的な考察が試みられている。…そのため、キリスト教やユダヤ教の信者だけでなく、異教徒や無宗教者、更に不可知論者などにも大きな違和感を与えることなく、比較的馴染みやすいと記されている。

主なる神がおられることを信じない信じたこともない人々が、この書を理解できるというのは少し合点が行かない。それで、藤田牧師の文章を引用させていただく。

「何を見ても、何をしてもすべて空しいと言われると、すべてが否定されているような気持になってしまいます。それこそ、この世に生きて存在していること自体、意味がないのではないかとまで思ってしまいそうです。

でも、太陽の下にあるいかなるものも、信頼に足りないという言い表しでもあります。空しくないものは太陽の下ではない別のところにある。コヘレトの言葉は、そのように語り掛けているのではないでしょうか。」

混沌とした地に、神が「光あれ。(創世記1章)」と命じられた。目に見える範囲で考えるとすべてが「空しい」かもしれないけれど、私たちは太陽よりももっと偉大なお方の下に置かれているんだよと藤田牧師は説かれている。

日曜日はお近くの教会で礼拝を http://komatsu.church/index2.htmlどなたでもどうぞお越しください。お待ちしています。


共通テーマ: